連休も…

連休なんてアッと言う間に終わっちゃうねぇ

この連休も、ほぼ84計画の方で動いてまして、
昨晩は、起業スタッフと話し合いの場を設け
色々と説明などをしてました。

何せ若いスタッフが多く、難しく捉えてしまった感があったけど
僕が言いたかった事は、「やってみたい!」という気持ちがあればソレで十分なんだよ
代表と僕で選んだ最強なメンバーなんだから
起業仲間という環境に身を置いておけば、自然にあなた達の潜在的な才能が芽を出してくるから

ただ、夢や目標に向かって必死に頑張れるかどうかと言う事で
何も難しい事はない

僕と出会い、今まで僕を信用し付いてきてくれた人達
色んな意味で、苦労をしながらでも笑顔で毎日働いている若者達を見ていて
何か一つの切っ掛けになってくれればと思っているんだよね

それをチャンスと捉えるかは本人次第、
それ以上は僕にはどうする事もできず、強要する事はできないからね

会社というものは、自身において生きるための源であり
一生付き合っていかなければならないもので

どんな会社へ行っても、正直自分に合った会社などは存在しないでしょう
少なかれ、不平不満は付き物、
それを我慢できれば、それもいい

我慢できなければ、自分等で苦労しても、生きる源、会社を作り上げるしかない
出来上がってしまえば、人生において生きる源を確保できるのだから
こんな幸せな事はないよね
僕が言いたかった事はそんなことです。

そんな話し合いの後、何十年ぶりにカラオケボックなんて所へ行って
近年のカラオケボックスにびっくりでした。
歌なんてほとんど歌った事もない僕ですが
1曲歌ってみたら、チョー緊張してしまうという
何百人の前で、全く緊張もせず話すことは何て事もない僕ですけど
歌はダメだ苦手ですわ、、、  はぃ

で、今日ね

84スタッフに後1名欲しい野郎がいるんだけど
欲しい野郎とはトコトン遊ぶ僕
シーズン始まる前のボードアイテムを夏場から集めているスミと
福生にあるオフワンへ行って

ゴーグルゲットして

IMG_0660.jpg

ゴーグルかけて、運転してるという
何とも、イカレタ野郎だぜ

すれちがう車から笑われてもヘッチャラな野郎

でも、嫌いじゃない
こういう変人…

IMG_0665.jpg 

こんなものLINEで送ってきやがる
まぁ、僕と似た者同士な奴だから
秘めた物はデカいわな
気持ちが良くわかるし、日々の仕事を感謝してる奴だし

ぃやぁ~一緒に仕事してみてぇーわ
で、ボードもトコトン付き合ってやるから
弱音吐くなよ!

まぁ、もうすぐだ、12月入ったら直ぐゲレンデへGOだね

その頃には、夢のエアストリームオフィスが出来上がってるかな?

vnsgbjigvjewkfroekfqwo321.jpg 

ユニークなオフィスで感性豊かなスタッフのユニークなアイデアを頂いて
常に前を見ている会社でありたいね
僕が常日頃から言ってる遊びと仕事の連動とは、ここから本格的に始まりますよ

そして、この不思議な空間から色んな事を発信していきたいですね。






久々の休暇

3週間ぶりの休暇でして
ほほ寝てたか…

連休だったんだけどね、

連休前夜、仕事関係の話で、もう一人の娘とカニ食いに行って
ご馳走になってしまったという

ぃやーカニうまかったなぁー
またいきてぇー


翌朝ドライブみたいなのに付いて行くも
朝からうるせーーー!と邪魔にされ
その後一人で漫喫に行き、

fureygyweugh8wueougrquoui.jpg

ガンダムオリジンを見たり、気づくと寝てたり
起きたら夜になっていて、急いで帰宅するも
家でも邪魔にされて、

夢は一人暮らしです。

今日は台風一過となり晴天で、
午後から自宅近くで今後の仕事の打ち合わせ

IMG_0652.jpg 

着実に84計画が進んでおります。
昼から酒出されて、酔いを冷ますために
また漫喫へいき、少し寝て、夕方ガレージへ

57832FA2-A6FE-4A6E-A4DE-624BCB27F376.jpg 

ここに居ると、いろんな人が入って来て
立ち話をしたり、物珍しそうに物色していく人もいる
ショップと勘違いして入って来たり
最近なんか落ち着かなくなってきたな…

84始まったらショップ作ってもいいかなぁーなんて思ってきてる
完全趣味のね、

一人で僕の遊び道具をメンテしてると
時間の過ぎるのも忘れて、子供に戻ってる自分がわかる
リフレッシュできるから、

色んな事も考えるんだ

最近、今後の仕事について、まだ世の中の事をあまり分からない
若者達と話す機会も増えてるわけだが
若いなりに必死に色んな事を考えているんだよね
ほんとシッカリしてるよ

だけど、

僕等大人は、果たしてこの若者世代の人達に大人として
ちゃんと顔向け出来る様な事をしているのかって
思うんだよ

僕は、若者と一緒になって遊んだりするけど
大人としてのねルールはしっかり守っていきたいし
つまらん事でその才能を失う事だけは避けたいよな

社会の事、仕事の事、教える立場の僕等世代は
やはり若者が目指せる人間であると共に、時には叱る事や褒める事も大事な勤めだから
同じ目線で感情を露わにする様な大人にだけは絶対成ってはいけない事と思ってるのよ

だけど、今の僕等の環境では、意味不明な大人が多すぎて
伸び様とする人を規制したり、働きずらくしたり、頑張ろうとする人のやる気を削いでみたり
一緒になって会社の愚痴を言い合ってみたり

若い世代の未来を考え教えるという役割の大人は何処に行ってしまったんだろうね

全く困ったものですわ

本当にね、










棚卸し中止!?

長い歴史の中で、最高のクオリティーなんじゃないかと言われていた
今回の棚卸しは結果を見ずに中止となった
台風の影響という名目だが
その裏にある本質的な部分は、大企業のブラックな部分の仕業だと
誰もが気づいたに違いない

前代未聞の棚卸し中止
過去に例がなく、不自然な幕切れとなったわけだが
自分の身を引くに相応しい最後の集大成と言うべく今回の棚卸し
最高の結果で業務を完結させたかったんだが
まさか、こういう結果になるとは、流石の私も予想できず
拍子抜けして、どっと疲れがでたよ

社員一同で、目の前にある、日々の目標とやり切った結果という答えの前で
喜びを分かち合い自身の身を引くに花を添えるという意味でも
最後までやりたかったんだけどね
叶いませんでした。

新チーム結成以来1年半ほど続けてきた会議も本日が最後
私の役職を自身により退任し、以下私の組織系統の解散をしました。

この1年半の会議の内容は、全て達成し
社内において、職長たる人間を、引きずり落とし
最終的に、親会社のセンター長を相手にやり合うという
革命的組織であった

退任にあたり話をするも、深刻な顔をしてる人は1名で
他は全て笑顔であった
深刻な顔で、何も降りることはないんじゃと言ってくれていたが
何故周りは笑顔なんだ?何故止めないのか?と多分不思議に思った事でしょうが

そうです、周りの人々は、次なるステージの事を知っている人達だから
今度は、誰に規制される事もなく、思う存分好きなように
この広い日本と言うフィールドで共に戦う同士だからです。

次なるフィールドで落ち合い、
恐らく開業にあたり最強たるメンツでスタートするハチヨンインク
20年かけても、これだけの人材は揃えるのは困難だろう
僕が18年間、組織に拘り作り続けても、これだけの人材を集める事は出来なかった
なにせ若い、私が最年長で、後は、30代、20代という将来的にも楽しみで
人材に不足なし、これで上手くいかなかったら、私の素質そのものの責任です。

中には、「天国か地獄かどうなるか分からないが、あの人がいればそれでいい!」と言う人の言葉に
私の責任は大きいと感じました。
だが、こういう考えの人達で結成されスタート出来ることは、私自身おいても
代表においても幸せな事と感謝し思う存分やれる事をやっていこうと
そう思ってます。

この会社が、私の最後の会社とし、まだ20代前半の若者も参加しての起業であり
その者達に、仕事は本来自由な事であり、給料は貰うものではなく
好きな様に作り出す物なんだと言う事を,多くの物を見せ、色んな場所へ連れて行き
教えていって、付いて来て本当に良かったと思える環境を作っていきたいですね


このセンターで作り出した数々の事、今回中止にはなったが棚卸し業務においての完成度
これは、間違いなく商品として必ず買い手が現れると思っております。
今回の棚卸しが中止になった事で、私達のこのセンターでの仕事は完結していなく
まだ続きが残されております。
もし、買い手が現れれば、数年後、いや数か月後、ハチヨンインクとして
このセンターへ戻ってくるかもしれない
それは誰もまだ分からないが

この前例がない前代未聞の棚卸し中止という異常な出来事は
私達にとって大きな事の始まりなのかもしれない…








攻略成功

年2回、会社あげての一大イベント
約2か月前から棚卸業務に突入し
連日夜遅くまでの作業となり
総動員で取り掛かるも、日付をまたぐという
難攻不落とされていた当センターの棚卸業務

新チーム結成1年半、3度の棚卸で完全攻略となった。

1回目の棚卸は、管理するのは第2ヤードのみ終了時間19時となり
大きな進歩となった
2回目の棚卸では目標を定時終了とし、これに成功
そして今回、全3ヤード中、当社が受け持つ1,2ヤードを管理し
他からの手も借りず通常作業員のみで
16日の棚卸当日を待たずに本日、全エリア、リセットに成功となった

架設リース業という日々の出入りが激しく種類も多く常時100台以上の
トラックが出入りし出荷また入庫に追われる中、それに付随して棚卸業務となる
限られた人数、与えられた機材でどう攻略するか考えたわけだが、
成功のカギは基本的な事だった事と作業員の通常業務への考え方を
少し方向を変える事にあった。

この内容に付いては、棚卸終了後、全体の会議を開き
このセンターにおいての通常業務及び棚卸業務の攻略方法を私の置き土産とし
話すつもりですが
多分1回では理解できないと思うので文面に少しだけ残そうと思います。

まず、作業員の作業時間を増やす事
増やすと言うのは、残業で増やすのではなく言い換えれば
時間を作るということです。

私は今回この棚卸業務突入の時期の遅れを以前記事にしたわけだが
約1か月ほど遅れたわけです。
気づいた時には、返却品の山になっていて
最終手段である、自身が作業場に入るということでした。

センター内で一番過酷な場所であり出荷入庫の頻度が一番高い場所です。
そこのエリアにいる人数は3名
エリア班長と話し合いをするも、返却品が多く日々それに追われているため
溜まってる残債を切り崩す事が厳しいとのこと
更に、真夏の炎天下という最悪条件の中での作業だ、無理もないと思った。

しかし、全エリアの作業員に向け、私が会議で毎度言っている事を実践で見せるに
丁度いい機会だと思い、班長と計画を立て
残ってる残債を少しずつ日々切り崩していく事にした。
日々の返却品の他、残債の切り崩しは日々500が目標で1日あたり全部で約4000ほど
消化する計算で
日曜出勤を含めれば、約20日程度で清算できる計算だったが
悪条件の環境下の中で作業員の体力も計算に入れなければならず
正直どうなるかは未知数だった

しかし、結果は、10日足らずで換算でき
一番遅れていたエリアが一番進行状況が進んでいるエリアになった。
私は、皆も見ての通り、作業自体に全く手を触れていない
全て現状の3名でやり遂げたわけだ。

もし、実際手を使い作業を私がしたとしても、作業員の足元にも及ばないし
逆に足手まといになるのは明らかだし、おそらく熱中症でぶっ倒れると思う。

そんな私に出来る事は、魔法の手を使う事により
作業員の作業時間を架空の時間で増幅することだ

架空の時間というのは、無駄な時間を無くす、無駄な動き、無駄な物
無駄という全てのものを取り除き、それにより得られる時間を作ると言う事だ
作業員全ての今の行動を把握し、一番近い位置に必要な物を置く
実際、センター内で働く全ての人は一日8時間労働中6時間ぐらいしか作業時間に充てられていない
と見ていて、2時間は、サボっている訳ではなく無意識のうち無駄な動きをしていると言う事です。

普段から口煩く言っている整理整頓術による合理的作業性を生む
一番作業性が高い環境を作り出す事が大事なんです

経費削減という事を口にする管理者の多くが、何か物品を買うだとか、燃料や交通費といった
事ばかり気にするわけだが
実際大きな経費というのは人件費であって、物品やらなど比べものにならないのだ
時間という全ての事に莫大なコストが掛かっている事に気づいていない人が多く
我がセンターにおいても、一人当たり日2時間のロスを生む環境に着目していなかった
それでは、難攻不落の棚卸になるわけだ

現在も無駄な使えない不能品の山が沢山あるセンターだが
上の許可がないと捨てられないと言い、放置してある
無駄な物を置く無駄な場所により無駄な動きをし無駄な時間を作り無駄に人を増やさなければならず
無駄な金を払うという
今出た全ての無駄にコストが掛かっている事は果たして分かっているのだろうか?

私が今回魔法の手という事は、この逆で
作業場を圧迫している無駄な物を無くし、有効に使える作業場を作り、効率よく動ける様にして
より有効な作業時間を作った事で
結果既存の作業員数で予定より10日以上も早く
全て捌けたと言う事になった。
実際一緒に作業していたエリアの人も驚くほど簡単に解決できた事に
整理整頓術の絶大なる効果というものが分かった事でしょう。

通常作業の考え方の方向性を変える事は文面では難しいので
会議の時に詳しく話すとして

今回、こんなに早く棚卸作業がリセットできたと言う事は
時間というものを上手くコントロール出来るようになってきた結果だと思います。

40人という人を動かすと言う事は私自身初めての経験でしたし
こういったセンターで働く事も初めてです。
色んな世界が有るわけだけど、ビジネスに関しては表情は違えど根っこはどれも一緒で
攻略においての基本的な行動パターンなどは同じだと思いました。

このセンターにおいて、入出庫においての問題という課題がありますが
作業効率を上げれば直ぐに解決できる問題なんだが
なにせ、オーダーの遅さが最大の原因であり、それは親会社の問題であって
私等に解決できる問題ではなく、私のこの会社での仕事はココまでのようです。

まぁ最後に、時間を作るという事の意味は、
多分このエリアを見て皆分かってくれたんではないでしょうか
何故こんなに早く、そして整理された作業場になって
返却品の置き場に困る事なく、出荷対応も迅速にできるのか
それは、一つの正解により全ての正解に繋がる正の連鎖というもの

時は金なりと言うように、時間には必ず見えないコストが掛かっております。
もし時間を作れたら、その分利益も増えるというもの
人類全てに与えられた平等たる時間は一日24時間です
しかし、自分の収入の倍以上稼ぎ出している人もいるのは
時間と言うものが大きく影響しているのです。
そして年収が高ければ高い人ほど、何故か仕事をしている時間が短くなり
年間半分が仕事で、半分が遊びの時間として使ってるわけです。

私のいる現在の環境の人は沢山仕事をすれば沢山お金が稼げると思い
沢山仕事をすれば、仕事も進むと思っている人が非常に多いが
それには限界がある

私が指揮をとりはじめて1年半、毎週欠かさず行ってきた会議は
このセンターにおける時間の増幅という事をするための一番大事な事
目的、目標という事を位置づけるものだった
一番最短ルートで目標まで行けるようにするためのことです。

人が足りないと嘆いていた過去の管理者は今はどう考えているのでしょうか?

時間という限られた枠の中で、
しっかりと理解をした人だけが得られる豊かさや成功は、
今後新たな私達の環境に移る全ての人に伝わったと思うし、
何となくだけど分かったんじゃないでしょうかね

このセンターにおける成功のカギは時間を作るための整理整頓であったということでした。


バーチャルタイム!によるフリーダムライフなんかは今後徹底的に管理していきたいと
そう考えております。













二つの命

棚卸も残り1週間となり
センター内は佳境を迎えております。
結構やべーなと思った事もあったけど
皆よく踏ん張ってくれて、もう成功はすぐそこまで来ましたね

夜遅くまでの残業や連勤もあと一週間ですから
詰めの段階まで来てるので、気を抜かずに最後までやり切りたいところです。

それに並行し、私達が進めている84計画
開業メンバーも、ほほ決まり
スタートと同時に業務もスタートできるよう
週末は仕事の確保に以前の仲間や同業者の知人に会っては
仕事の確約をもらってるわけですが
何とか仕事の方も確保できそうです。

登記予定日は12月20日、代表となるヤジくんの第一子誕生の日を
会社設立日にするという、一生に一日しかない貴重な日ですから
絶対にずらす事はできないんでね、
この日を目標に動いているわけです。

開業メンバーは、全て役員とし、自分の会社なんだという意識をもってもらい
会社設立という貴重な体験をしてもらいたいと思っております。

中でも、一番若いアカセは、24歳にして起業という
僕よりも1年も若くして起業するわけだが
ここまで、遊びも仕事もよく付いてきたよなー
ほんと関心するよ君には
真のシッカリした若者だと思って見ているけど
何よりも、周りに流されずブレないわな君は
この年齢で起業するに相応しい男だわ

突拍子もない事を突然始めたり、いきなり山へ篭ったり
急に仕事モードになったりと奇人的で変人な僕を信じてくれて、
ここまで付いてきてくれたのなら
もっと楽しい世界にトコトン付いてきやがれ!
ボードに向かう道中で話していた事を、これから実際見せてやれるんだからな
僕自身楽しみだわ

多くの人が独立起業という事を夢見て、何時かはやりたいと思うわけだが
そう簡単には踏ん切りが付かず、時が流れてしまったという人が多い中
24歳という若さで貴重な体験ができると言う事はすごい事だよね

今は何が何だかよくわからない状態だと思うけど
一緒に営業を回ってみたり、顧客との仕事の打ち合わせ等にも参加させてみたりしながら
仕事というのは、体を動かして日々熟す事だけではなく
自分自身で未来を創り出していく事も仕事なんだと言う事を
一つずつ教えていってね

何時しか、成長した姿で、実家に里帰りをした時に、両親や友人に胸を張って
「仲間と一緒に会社を起こしたんだ!」と言える人間に鍛え上げていきますよ。

そして、代表のヤジくんは、僕にない堅実さという物を持ってる人間で
僕の封印した扉をもう一度開けた人なんだよね

そして、僕を信用し、アイデア、発想、全てを受け入れ
自分は上層部への報告や対応に専念し、僕には実践、行動に専念させ
僕のポテンシャルを最大限引き出させた人物なんだ。
組織の役割分担という意味でも、しっかり機能させ
数々の改革に成功したのも、彼と僕の信頼関係から生まれた事だと思ってる

そしてこれだけ人材不足で悩む環境の中、
噂を聞きつけ、一緒に働きたいと言う人も少なくなく
一部上場企業を投げ出し、連れて行ってくださいという人間もいるくらい
彼の信頼は大きいと改めて思ったよ。

僕がここまで這い上がって来れたのも彼無くして語れないほど世話になった人で
全力で彼の成功を支援していき、僕の考えやアイデア、発想全てをこの会社で
今度は規制することなく、思いっきり解放していきたいね。

棚卸終わった後に一度皆で集まり、話をしたいと思ってるけど

小さな小舟で、果てしなく大きな大きな荒波の海へ出港していく様なもので
起業という聞こえは格好いいが実際は苦労苦労の連続なんだ

しかしその苦労は、今の苦労とは違い、自分達の未来を創るための苦労と言う事で
誰に管理させることもなく、自由に考え好きなだけ仕事ができて
好きなだけ休む事もできる反面
全ての責任は自分自身と言う事になるわけだから
その辺をシッカリ話し、それでも、相応の覚悟を決めて一緒にやると言うなら
僕は連れていくつもりですよ。

新たな仲間との旅立ちと、過去の僕の右腕だった人物による仕事の支援
僕にとっては、新旧交わっての門出となるわけで
皆、僕の復活を喜んでくれました

これから、拠点を決めたりするんだけど
唯一、僕がお願いしている事があって

4602670569_67cd22a0ea.jpg 

エアストリームです。
アルミニウムなソーセージ型のキャンピングトレーラーなんだけど
これをオフィスにするのが僕の夢でね
最高の基地っぽさが味わえるわけなんだ
外観はこんな感じでも、中へ入ると
そこは、アトリエ風なビジネス空間にしたいんだ

Airstream-Flying-Cloud-Travel-Trailer-07-2-1150x766-1024x682-1-550x366.jpg 


ね!

最高にかっこいいですわ
仕事の中にこそユーモアを、俺達らしいスタイルを生み出したいよね
今度はどんな事をしても、自由なんだから

とっても絵になるし、これだけはお願いっ><
こんな空間で、仕事を終え皆が集まる場所ならテンション上がるし
最高にいいわ

これを看板とし、僕等らしいビジネススタイルをつくり
将来新たに参入してくる仲間たちが同じ感性の持ち主なら
いいなぁーなんて思ってるんだ

で、この横に、保管庫という名のガレージをつくり
84inc.のベース基地の完成だ
だって仕事も遊びもココを起点とするわけだからね

起点とする物は妥協してはいけない

ヤジくんの長男は今奥様のお腹の中で、84inc.という会社は僕等のイメージの中で
少しずつ育っている
今はまだ、この世に存在していないが
12月に入り、世間はクリスマス真っ只中
そんな時期に2つの命が誕生する事になるんだねぇー

半年前、とある事から会社のやり方に不満を持った僕等が
冗談で会社作っちゃうか!なんて言ってた事が
現実になるわけだからね

時間の経過というものは本当に面白いものだとおもうのであります。















profile

orange karasu

Author:orange karasu
人の生き方にはルールや定義なんてない
好きな様に生きる様に努力すればイイ!

selected entries
categories
recent comment
vimeo
新しい私達のカタチ
search this site.
calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
information
楽しい自転車,スノーボード情報はコチラからどうぞ♪
RSS
link
qr
QR
archives
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる